2010年から本格的に中国での事業をスタート。
UDS会長の梶原さん自ら、家族で移住して4年目。
昨年11月に、中国現地法人、誉都思建筑咨询(北京)有限公司を設立。

ちなみに誉都思(yudusi ユードゥースー)は、UDSの語感に併せた音と、
「コクヨ(国)とUDS(市デザインシステム)で考える()まちづくり」という意味です。

今では北京、上海、大連、蘇州の4拠点、約25名の体制になりました。

http://uds-china.cn/jp/works.html

松鶴楼2 2

蘇州の老舗料理「松鶴楼」の内装リノベーションも手がけてます。
有名な上海の夜景を満喫できる絶好のスポットです。

松鶴楼

日本同様、建築・空間における企画・設計・運営の3機能を強みに、
ホテルや温泉旅館、こどもの職業体験施設、商業施設など積極的に取り組んでます。

藍天城

私自身、約1年間北京に常駐して企画開発したこどもの社会・職業体験施設
藍天城EEcityも開業して3年を経過、続々と開業、次々に廃業と競走が激しい
中国において、順調に営業をしています。

コクヨ1


コクヨ3

コクヨグループとして設計に参画した上海のKOKUYOショールームは
ドイツのデザイン大賞も受賞してます。

CAISSA

特徴として、ほとんどのクライアントが中国企業であること。
コネクションもなくスタートし、当初は苦労の連続でしたが、
4年かけてひたすら紹介、紹介を依頼し続けてきた成果も出始めてきており、
今では日本のUDSよりも案件が多くなってきたほどです。

今後、ホテル・こどもの体験施設の実績を強みに、日本UDSとも相乗効果を
高めて積極的な事業開発を進めていきます。

WEB・ブログでの更新頻度もあげていきますので、中国関連のビジネスに
関わられている方、是非ともお声掛け下さい!!