IMG_3423

9月26日、10月26日に続くフューチャーセンター第3回。
地元の若手農家さん、食品関係者の方々と薩摩川内市の食と農業の新しい取組みに
ついて、誰でも気軽に参加でき、楽しく対話をしながらアイデアを練っています。

Future Wordは「オープンシャッター」
地元の新鮮野菜・海産物を提供したい農家さんと、シャッターをしめている店舗を
開けたい地元オーナー、商店街を活性化させたい行政の3者間の問題を解決する言葉。

IMG_3416

今日は農業、食品、行政、地域おこし協力隊、管理栄養士と多彩な顔合わせ。
冒頭、薩摩川内の市役所で行った初回のワークショップでファシリテーションを担当した
中川綾さんが開発した「シャベリカ」を使った自己紹介でアイスブレーク
http://www.asobusiness.com/goods/

IMG_3420

初めて参加したメンバーもいたので、過去2回の様子を写真で共有

IMG_3421

慶應大学SFC井庭崇研究室とUDSで共同研究を進めるFuture Languageの振り返り
未来のビジョンを言語化するメソッドで、今日に至るまで出てきたアイデアを
体系的に把握
http://orf.sfc.keio.ac.jp/512/

IMG_3422

3回目の今回は初めて「模造紙」と「ポストイット」から解放(笑)、
具体的に市の中心市街地でシャッターがしまったままの40坪の店舗を題材に
何ができるか具体的にディスカッション。

真の意味で合併を市民に体感してもらえるよう甑島の新鮮食材を提供し、
地元ならではの料理方法や魚をおろすサービス、さらには地元の大学を
交えて栄養士を目指す学生のオリジナルチャレンジメニューをからめたり、、

アイデアにかなりリアリティーが!

IMG_3425

対象店舗の具体的な立地や条件などを確認しつつ、
今日話した基本構想を企画書におとし、
最も肝心となる新しいチャレンジをしたい!と思う起業家候補をどう募るか?

IMG_3431


年明け早々に、みんなで新しい店をつくる、というスタンスでのイベントを開催し
Uターン、Iターンを含め、薩摩川内市で新しい店をつくりたいメンバーを集めます。