仕事人

今日は「リコーえなの森(岐阜県恵那市)」の間伐材の伐採に立ち会ってきました。
http://www.ricoh.com/ja/release/2014/pdf/1003_ena.pdf
生まれて初めて見る「木を切る仕事」に魅せられました!

入口看板

リコーさんが海老名市で今年8月の開業を予定しているRICOH Future House、
UDSでは企画・設計・運営のお手伝いをしています。
http://www.uds-net.co.jp/upload/2014/07/PRESSRELEASE_RICOH-Future-House_0703.pdf
1Fカフェのカウンターやテーブル、椅子、こども用家具の製作を行なう予定です。

選定

ヒノキ、スギを中心に約40本を伐採します。
今日のターゲットを選定。

開始

早速、チェーンソウの音が響き渡ります。

方向確認

木の傾きや重心を確認し、転倒方向を慎重に定めます。

伐採2

あっという間に傾き始めます。

伐採3

倒れる方向にズレが生じないよう、慎重に斧で調整します。

伐採4

ものすごい地響きとともに、倒れました!

枝取り

手際良く、枝払いをしていきます。

迫力

迫力です。

年輪

伐採した瞬間、ヒノキの香りが充満!!癒されます。

年輪2

推定、樹齢50年以上の年輪

製材工場

伐採したヒノキは、車で30分ほどの製材所に運ばれます。

製材職人

初めて足を踏み入れた製材所。きめ細かに製材が進みます。



IMG_4654

直径20〜40cmのヒノキ達。
来月には四万十へ運ばれ乾燥を経ていよいよ家具づくりが!

木片

切り立ての木片をバックに入れて持ち帰ったところ、部屋中にヒノキの
香りが立ちこめました。

仕事人

一人で伐採できるようになるには最低でも3年かかるとか。
プロフェッショナリズム溢れる仕事人、本当にカッコよかったです!