IMG_0435

「売ってよし、買ってよし、世間によし」で
知られる近江商人の『三方よし』。

CSRやサステイナブル経営、地域起業など現代
の企業経営で必要とされる理念、行動を400年
以上前に実践されていたことに驚くばかり。

01 三方よし

・中村治兵衛が1754年に養嗣子への書置
 の内容を要約、シンボル的兵庫として
 三方よしと新聞などへ掲載され浸透

「他国への行商するも総て我事のみと思はず
 その国一切の人を大切にして私利を貪るこ
 となかれ、神仏のことは常に忘れざるやう
 にいたすべし・・・」

02 始末してきばる

・近江商人の生活信条の表現
・日々の生活の中では倹約に努めて支出を
 おさえ懸命に働いて収入の増加をはかる

「始末」始めと終わりを整えて締めくくり
をつける意味
モノを無駄のないように使う、倹約を強調

「きばる」お気張りやす
(元気で働けることへの祝意)

03 御仏の心にかなう商い

・最澄による天台宗や浄土真宗の影響であ
 つい仏教信仰、究極が「三方よし」
・道中厨子を持ち歩き、信仰と商活動を
 不可分としていた

04 陰徳善事

・何かの見返りを求めることなく御仏の心の
 ように無心で人の為になる善いことを行う
・ヨーロッパのノブレス・オブリージュが
 奉仕を神の意思によるものと貴族や勝者に
 義務づけていたのに対して、近江商人は奉
 仕することそのものを喜びとし御仏の心に
 限りなく近づく行為として徳(善)を積んだ

05 持下り商法→諸国産物廻し


・近江の地場商品や上方の産物を関東・東北
 ・北海道に、帰りには関東・東北などの紅
 花、生糸、海産物を持ち帰る
・持下り商法が大規模化し諸国産物廻しとな
 り、商社活動の原点に

06 頼母子講(たのもしこう)

・村人たちが持ち寄ったお金を、若い起業家
 に低利で貸し付け、相互に助け合う支援の
 仕組み

07 出世証文(しゅっせしょうもん)

・借入・支払代金を将来、成功したときに
 返済する証書
・現代のエンジェル、ベンチャーキャピタル

08 旅籠(日野定宿・八幡定宿)


・お客様と地域の情報の取り扱いを大切に
・街道の宿場ごとに決められた日野定宿であ
 ることを示した定宿帳を携行
・行商・商人専用の宿、出先地の顧客や地域
 情報を相互交換、戦略を練った
・為替取引も行っていた

09 三ツ割銀

・利益が出たら、元手(資本金)、支配人へ
 のボーナス、残りは企業の積立金にする

10 近江商人育ての親、織田信長の施策

・安土城築城後、まちの活性のために商業を
 栄さえるよう楽市楽座を開設、そのために

①中山道を素通りさせず安土に宿泊させる
②関所を廃止(寺や武家による関税廃止)
③複数銅銭や物々交換で混乱しない貨幣統一

・信長の人質だった蒲生氏郷が日野城下で
 同様の施策をとり、商業を活性化

11 著名な近江商人たち

①西川甚五郎(西川産業の二代目)

 近江商人最古、社歴400年(1566年創業)

②小野善助(先祖は小野妹子)
 7代善助は1873年、三井組と第一国立銀行
 創設(現みずほ銀行)

③伊藤忠兵衛(伊藤忠・丸紅)
 1872年、持下りの得意先を兄に譲り大阪
 本町に呉服・太物卸業「紅忠」開業

(革新的な経営方針)
商売人としてだけはなく、人材育成・教育
に情熱を注ぐ、熱心な仏教徒でもあった
・店員は主従ではなく共同経営者
・利益三分制(店員に還元)
・衆知を集める会議制度
・若年者の意見下克上を奨励
・権限委譲、責任明確化
 
④弘世助三郎(日本生命・滋賀銀行創設者)
 12歳から行商、明治12年第百三十三銀行
 設立、後に八幡銀行と合併、滋賀銀行に
 明治22年には日本生命を創設

⑤西川伝右衛門
 北前船をつくり北海道・松前藩の御用商人
 現地の漁民に漁網や船の費用を出資、貸付 
 返済は漁獲したニシンで、ニシン漁盛んに
 ニシンの加工(身欠き鰊、数の子など)を
 はじめ棒鱈、荒巻、昆布などおせち料理の
 ベースをつくる

⑥飯田新七(高島屋)
 高島市出身の飯田儀兵衛の婿養子となり、
 古着と木綿を商う呉服商
 「おかげにてやすうり」の高島屋創業

⑦塚本定右衛門:ツカモトコーポレーション
 明治5年、日本橋に出店、繊維総合商社

⑧市田弥一郎:市田
 明治7年、日本橋に京呉服卸商を創業
 2008年、ツカモトに経営統合

⑨大村彦太郎(白木屋)
 長浜の材木商、日本の百貨店の元祖となる
 白木屋創業(日本初の洋風高層建築)

⑩山岡孫吉(ヤンマーディーゼル)

 世界初の小型ディーゼルエンジン発明
 農機具で「トンボ」の商標がとれず、
 もっと大きい「ヤンマ」にしたのが語源

⑪西村太郎右衛門(安南屋)
 朱印船貿易商としてベトナムに渡航

⑫岡地勘兵衛(シャムロ屋)
 シャム(タイ)と交易、シャム染をもたら
 した

Q&Aでわかる近江商人
サンライズ出版
2010-10