Serendipity

Serendipity(予期せぬ出会い)を通して、日々の経営で感じたり考えてること、高校生にも伝えたい仕事の楽しさを綴ってます。

Serendipity イメージ画像

2014年01月

昨年9月に、成城学園の幼・小・中高合同研究会で学園長をはじめ約150人の全先生向けに講演させて頂いた内容が、年4回発行の冊子「成城教育」で約50ページにわたり掲載されました。テーマは成城学園における「ブランド戦略」と「人材開発」とは? 1時間半の講演だったため、
『成城教育』の画像

初詣、キックオフなどで自分や会社の目標を考えることができました。ところで、自分を知らない人達に、自分の仕事を一言で説明するとしたらどのように言いますか?「学習する組織」にこんな一節がありました。「皆さんの組織が一隻の遠洋定期船だとしましょう。そして皆さん
『自分の仕事をどう説明するか?』の画像

新年第1回目の「高校生みらいミーティング」今年から、毎週土曜日17時からの定例とセットで毎週開催!今日は高校生4名×社会人6名約2時間、ほぼフリートーク。特にテーマも設けず、高校生、社会人お互い最近会った出来事で感じたこと、疑問にもったことをたわいもなく対話し
『高校生みらいミーティング06』の画像

聖光学院中学校・高等学校で1月8日、企業担当者に同校生徒が事業アイデアをプレゼンテーションする「スパプレSuper Presentation SEIKO」が開催されました。 生徒会長の谷垣君龍くん発案、「さあ発信しよう!」をコンセプトに高校生だけで企画、企業と交渉を重ねて、NTTデー
『スパプレ Super Presentation SEIKO』の画像

10年ぐらい前に読んだ旧版「最強組織の法則」、実はあまり腹に落ちてませんでしたが、改めて改訂版「学習する組織」を読んで、今まさに必要とされてるなと強く実感できました。原書に忠実だから、翻訳が素晴らしいから、もあるのでしょうが何より、自分の置かれている状況が
『学習する組織』の画像

↑このページのトップヘ