Serendipity

UDS株式会社の社長&高校生のキャリア創造を支援するNPO法人LiKE WORKファウンダー 中川敬文の半公式ブログ。Serendipity(予期せぬ出会い)を通して、日々の経営で感じたり考えてること、高校生に伝えたい仕事の楽しさを綴ってます。

Serendipity イメージ画像

2014年02月

タイトルはデザインだけど、これからの「ものの考え方」が中心の印象。日々の実務で、マネジメントやコミュニティ、空間を考える上で「オープン」日本語的に「開かれてるか」を意識することが多くなってるように感じます。 未来のデザイナーは、スキルのないユーザーでもも
『オープンデザイン 参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」』の画像

台湾のITベンチャーBungBungameJapanの山川社長、Miyaさんを招いてタブレットKALOS(カロス)の商品開発ディスカッション。http://www.bungbungame.com/JP/テーマの面白さからか、しごとプロジェクトの1回のイベントでは過去最多の21名の高校生が参加。成城学園高校の先生お
『高校生しごとプロジェクトVol.07「タブレット商品開発」』の画像

今日の日経で掲載されてた猪子寿之さんの記事、興味深かったです。右肩上がりの成長を知らず、携帯・ネットが当たり前の中で育った世代が社会で一定の地位を締めて来た中、年長世代とのすれ違いが。という新聞の問題提起に対して会議の場面について言及してました「上の世代
『コミュニケーションの世代差』の画像

建築家アレグザンダーによって始められたパターン・ランゲージを組織変革へ活用、新しいアイデアを組織に広め、組織を改革するやり方をパターン形式で表現したもの。お世話になっている慶応SFCの井庭先生も寄稿パターン・ランゲージ: 創造的な未来をつくるための言語 (リアリ
『アジャイルに効くアイデアを組織に広めるための48のパターン』の画像

↑このページのトップヘ