Serendipity

Serendipity(予期せぬ出会い)を通して、日々の経営で感じたり考えてること、高校生にも伝えたい仕事の楽しさを綴ってます。

Serendipity イメージ画像

2014年04月

日頃、良くも悪くも競争を意識してないものの、間接的を含め必ずどこかと競争してるという事実を再認識。戦い方は昔も今も本質はあまり変わってないと感じた。 将軍の器量として、敵に勝つための外向きの器量とともに、組織をまとめる内向きな器量を三つの層への分類
『孫子』の画像

16日(水)慶応SFC総合政策学部准教授の井庭崇さんの新カリキュラム「創造社会論」のゲストとして合計180分対談してきました。創造社会は、消費社会→情報社会の次に来る社会という意味の井庭さん造語、自分たちで自分たちのモノや仕組みを創造する、つくる側と使う側の距離
『創造社会論【空間】@慶応SFC「WHYを問う」』の画像

スタバの代名詞にもなってるサードプレイスを、都市社会学者レイ・オルデンバーグの観点から論じた本。原題がTHE GREAT GOOD PLACEなので、副題にある「コミュニティの核になるとびきり居心地よい場所」のほうが内容にはフィットする。いずれにしても、まちづくり、教育、働
『サードプレイス』の画像

LEAGUEが提携するオランダSeats2meet.comのCEOロナルド・ヴァン・デン・ホフの著書2011年4月11日にオランダで発売、今年英語版が発売。キンドル版も発売済 http://www.amazon.co.jp/Society-3-0-Ronald-van-Hoff-ebook/dp/B00IO5707O/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1397
『Society 3.0』の画像

3回目のオランダ出張で思ったのは人のつながりで情報・知恵の収穫量に差がでること。日常生活でも、日々初めての地に行くつもりで、もっと貪欲に知り合いたどって新しい情報を開拓していかないと。(船遊びが好きなオランダ人、はじめて見た光景でした。)一番に思うことは
『もっと貪欲に開拓しないと』の画像

↑このページのトップヘ