Serendipity

Serendipity(予期せぬ出会い)を通して、日々の経営で感じたり考えてること、高校生にも伝えたい仕事の楽しさを綴ってます。

Serendipity イメージ画像

2015年05月

まちづくりが進む海老名駅西口駅前。リコーテクノロジーセンター23階から駅に向かって左側がららぽーと、真向かいがRICOH Future House。昨年からUDSと共同研究を進める慶応大学SFC井庭崇研究室と、2年連続でRICOH Future Houseの業態開発に関するFuture Language Workshop
『Future Language「理想の放課後」@海老名』の画像

「最小の時間で成果を最大にする」に惹かれて読んだエッセンシャル思考、同じ著者が共著で出した「消耗型」リーダーと「増幅型」リーダーの違い。「自分にとって」か「相手にとって」かの違いはあるが、いずれも共通するのは本質を見極め、主体的に選択していくことの必要性
『エッセンシャル思考&メンバーの才能を開花させる技法』の画像

自分でzineをつくるための活版・印刷・製本などのリソースが揃っているIndependent Publishing Resource Center。http://www.iprc.org/NPO団体がクリエイティブな表現を支援するという使命のもと運営しています。1998年から運営、アテンドしてくれたJeffさんの名刺にはDevelo
『zine@ポートランド』の画像

今週は中川海外出張中のため、UDSメンバー3名が講師役。メンバーの谷藤さんによるCLASS LOGです。先週みんなであれこれ意見を出した、新校舎の学生食堂づくりを提案するための企画内容を、企画書にするための話し合いです。1限目は、前回の内容を振り返りつつ、この一週間で
『成城学園高校 CLASS LOG 05』の画像

先週、高校生たちが考えた今日のテーマは空間心理学のレクチャーと新校舎の学生食堂づくりを提案するための企画づくり。4回目で早くもマンネリにならないように、今週、来週はUDSで8月21日に海老名で開業予定のRICOH Future House 3Fアフタースクール&サイエンス・ラボ「コ
『成城学園高校 CLASS LOG 04』の画像

↑このページのトップヘ