Serendipity

Serendipity(予期せぬ出会い)を通して、日々の経営で感じたり考えてること、高校生にも伝えたい仕事の楽しさを綴ってます。

Serendipity イメージ画像

日野台高校のキャリア教育

3年目となる日野台高校でのキャリア教育『FUTURE THINKING2035』4回講義の最終回は、LEGOで自分の未来のキャリアを表現しました。子どもの時以来との声も多かったLEGO。今日はおもちゃとしてのLEGOではなくLEGO®SERIOUS®PLAYのメソッドを活用したワークショップ。コンスト
『LEGO®×高校生のキャリア教育』の画像

FUTURE THINKING  2035。4回シリーズの3回目はインバウンド起業家、SAMURAI MEETUPS代表宮下晃樹さんをゲストに、インバウンドと起業にまつわるリアルなキャリアのお話。1回目の授業で伝えた、2035年に向けて成長余地のあるインバウンド。高校生たちにインバウンドという言
『【インバウンド×高校生】2017都立日野台高校《FUTURE THINKING 2035》Vol.3』の画像

FUTURE THINKING2035。4回シリーズの2回目。1回目では人口減少・少子高齢化・年金受取額・税負担・地方消滅など厳しいデータを共有した上で、今後の光明としてイノベーション、インバウンドの2つの切り口を紹介しました。今日は、未来を考えていく上で、何が起こり得るのか
『2017都立日野台高校《FUTURE THINKING 2035》Vol.2』の画像

今年で3年目となる都立日野台高校のキャリア教育。FUTURE THINKINGをテーマに、1回2時間×4週にわたりUDSと高校生で未来を考える授業です。今年から、高校生の保護者の参加も可能となり、高校生19名と保護者4名がフラットに、自由に議論へ加わります。保護者といっても、出
『2017都立日野台高校《FUTURE THINKING 2035》Vol.1』の画像

都立日野台高校の《FUTURE HTINKING 2035》いよいよ最終回!現実の日本、2035年の世界、新宿と考えてきて今日考えるのは「20年後の私のキャリア」20年後自分はどんな生き方をして、どんな働き方をしているのか?まずは第1回目~3回目までの授業のおさらいをおこないました。
『都立日野台高校《FUTURE THINKING 2035》Vol.4』の画像

↑このページのトップヘ