1年間、藍天城の仕事をしていて気付いたのが、藍天の薫事長のみならず、スポンサーの薫事長や総経理も含め、ほとんどのアポイントが今日、明日というスピードです。最初のころは、「中国の役員って結構、暇なんだな~」とか「せっかちだな~」ぐらいに思っていました。とこ