Serendipity

Serendipity(予期せぬ出会い)を通して、日々の経営で感じたり考えてること、高校生にも伝えたい仕事の楽しさを綴ってます。

Serendipity イメージ画像

イエナプラン

教育の主要な目的は、子どもたちに考えるスキルを教えること。その手段のひとつとして、エドワード・デ・ボノ博士が開発した思考法「6つの帽子」を学びました。1つの問題を6つの異なる視点から発想する思考法です。IBM、マイクロソフト、NTTなど多くの企業でも採用されて

イエナプラン研修初日の冒頭で、マルチプルインテリジェンスを学びました。イエナらしく、最初はゲーム形式で楽しくスタート。13人が1人ひとり背中越しに顔写真を渡されて、周囲の人達にYes,Noで質問して人物の特定をしていきます。「アメリカ人ですか?」「政治家ですか?

↑このページのトップヘ