Serendipity

Serendipity(予期せぬ出会い)を通して、日々の経営で感じたり考えてること、高校生にも伝えたい仕事の楽しさを綴ってます。

Serendipity イメージ画像

働き方・ワークスペース

ここ最近、ビジョンヒアリングで個々に将来のビジョンやキャリアについて話して考えることが多いです。世間的には「働き方」というある種流行り言葉的で語られることもありますが、60歳という現実を見据えた上で、でもポジティブに考えていくことが必要だと思います。改めて

ビジネス社「検索せよ。そして動き出せ」の著者、デジパ株式会社 http://digiper.com/ の桐谷晃司さんと対談をさせて頂きました。検索せよ。そして、動き出せ。 [単行本(ソフトカバー)]桐谷 晃司ビジネス社2014-12-25桐谷さんは、新卒採用コンサルで一世を風靡したワイキ

周防大島町立和田小学校跡地をビジコムさんがサテライトオフィスとして活用してます。http://www.busicom.co.jp/news/press_detai/iwakuni160224.htmlビジコムさんに社内(校内?)を案内頂きました。一部塗装はしていますが、基本はそのまま。社長さんのこだわりで、従前の
『サテライトオフィス@周防大島』の画像

UDSの新オフィスが内定しました。来年の移転を目指してこれから一気に準備に入ります。8/22に早速、慶應SFCの井庭先生、井庭研メンバーと朝から3時間かけて新しいオフィスの設計与件となるようなFuture Languageワークショップを実施。今の代々木オフィスをリノベーションす
『自分らしい『働き方』を考える』の画像

企業と社員がこれから進むべき道。雇用を「アライアンス」と位置づける。自立したプレーヤー同士が互いのメリットを求めて期間を明確に定めて結ぶ提携関係である。 01 雇用主から社員への明示「当社の価値向上に力を貸してほしい。 当社もあなたの価値を向上させよう」02
『ALLIANCE 』の画像

↑このページのトップヘ